「大きくなったら お姉ちゃんを僕のお嫁さんにする」

「ほんまっ もらってくれるの 嬉しいな~^^」

「誰とも結婚したらあかんでぇ~」

「うん わかった 待ってるわな」

『有紗 主婦 42歳』 妻の告白

主人の仕事を手伝っているので
なかなか実家に帰って来れない
と言うと言い訳になるけど 私が手伝って
人件費を抑えないと本当に厳しい状況で ・・・

川口有紗 42歳
母がガンのため治療生活に入った
兄が良く面倒を見てくれているらしいが
私はまだ1度しか行けていない。
母は苦労して私たち2人の兄妹を育ててくれた人。
娘の私がもっと顔を出してあげないと ・・・

寝具メーカーに勤めていた主人(健 たける 45歳)が
2年前リストラになってから始めた仕事がお好み焼き屋
関西人やし誰でも出来るやろ~ みたいな軽いノリで
店を構えたのはいいけど 繁盛したらしたで
人手はいるし 閑散としているときは当たり散らして
本当に手の焼ける人なんです ・・・

リストラになった理由も笑ってしまうほどのもの
出張や転勤を拒否し続けた結果だという ・・・
その理由はもっと笑ってしまう
嫁と離れたくない だそうで ・・・ なんじゃそら ・・・
って 感じなんですけど
お好み焼き屋を始める時も
私も働くから あなたもどこか会社を探したほうが
と意見しましたが
また同じことになる
リーマンなんて出張や転勤ばかりや ・・・

いえいえ そんな職種ばかりじゃないでしょうに ・・・

とにかく 私のことが大好きな人なんです。
それは嬉しいんですけどね
浮気もしないし 色んなところに連れて行ってくれるし
でも 仕事は別でしょう~と ・・・

今は近所で大きな道路工事と線路の工事が重なっていて
お昼はたくさんの工事関係者の方で店が埋まってしまう状態。
なので今だけ 近所の仲のいい梅原さんという奥さんに
手伝いに来てもらっているんです。

私たち夫婦には子供がいません。
主人が私にべったりするのも それを許すのも
多分 子がなかったせいではないのかと思っています。
たまたま この梅原さんも 同世代なんですが 子がなくて
昔から気の合う人 梅原さんのご主人と4人で出掛けたりも
良くしている仲なんです。

で ・・・ 最近のことなんですが 
この梅原さんと ご主人が定休日の日に
うちに来られて 
私もビックリしたんですけど こんな提案を私たち夫婦に ・・・

健さん 45歳 有紗さん 42歳
僕=梅原 が45歳 妻 慶子が 43歳
同世代で4人で仲良くやって来ましたし ここらで1度
夫婦交換っていうものをやってみませんか ・・・?
と 持ち掛けられたんです。

私は一瞬顔が真っ青になりました
思いがけない話しの内容に驚いたんです。
そして もっと驚いたのは
あの 有紗大好きっ子ちゃんの うちの主人が
体を前のめりにして ノリノリの乗り気だったことに ・・・

えっ?と思いました 嘘でしょ ・・・

じゃ 今まで私を束縛していたのは何だったのか ・・・

ご主人は乗り気ですけど 有紗ちゃんはどうですか?
と 梅原さんのご主人が ・・・

これって ・・・ 嫌です。なんて 言うと
私はあなたが好きじゃない とか 好みでない
あるいは 嫌いなタイプで触りたくもない と 言ってるような
もんじゃないんでしょうか ・・・?
ちょっとこういう世界観は私には理解出来ないし
そして 慶子ちゃんは うちの人でOKということ??

「このままの関係のほうがいいと思いますが ・・・」
と 私が言うと

主人が
「こういうのは深く考えるな 
   せっかく持ってきてくれはったイイ話しやないか」 と ・・・

あなたは慶子ちゃんとセックスしたいだけでしょ!
と 怒ってやろうかと ・・・

でも そこで慶子ちゃんが
「子供もいないし 色んなことをして 楽しんでいきましょうよ
   ダメなら そこでやめて 元の関係に戻れば済むことだし」
慶子ちゃんはやる気まんまんのようです。

23歳で主人と知り合って 24歳で結婚
主人以外の男性は1人しか知りません
そんな私が42歳にもなって今更、別の男の人と ・・・
未知の世界です。良いほうにも 悪いほうにも
転んでしまう可能性を秘めている。
その怖さをうちの主人は理解していないのかも知れない。

「少し考えます ・・・ あまり期待しないでくださいね」
「なんや~ 有紗~ おもしろい話しやのに~」

そして 梅原さんが
「じゃあ 日を改めましょうか
  私たち夫婦にはすでにパートナーがいるんですよ
    そちらのご夫婦も子供がいない方たちでね」

「いいもんですよ 夫婦の絆も深まりますし」 と 慶子ちゃん

「はい 前向きに考えておきます」

そして 梅原さん夫婦が帰られたあとに主人が

「梅原さん ええ男やろ 有紗が嫌いなタイプとちゃうで?」

「あなた平気なの?私がよその男性に抱かれることが ・・・
  ほぼ あなたしか知らない人生を送って来たのよ?」

「それは何?もしも俺よりも良かったら何か変化が起きて
   しまうかもっていう意味? そういうこと?」

「だって 未知の世界やもん ・・・」

「ただの遊びやんけぇ 大丈夫やって
  たいそうに考え過ぎやわ~」

「とりあえず 母親もあんな状態やし
   そんなことしてる場合じゃないわ わかってくれた?」

「おおっ ・・・」

ホントに
有紗大好きっ子ちゃんは 何処に行ったのよ ・・・

この日から 毎日
お店で慶子ちゃんとニコニコしながら喋って
もうパートナーとして組んでるかのように ・・・

そして 2日後でした
兄から電話があって 母のことで話しがあると
私は実家に帰りました。
兄の話しによると 母の治療は良い方向に向かっていると
進行の早いものでもないし このまま上手くいけば
たいしたことにならずに済むと ・・・
うん 良かった~

「ありがとう お兄ちゃん」
「うん でも せいぜい顔出してくれよ」
「わかった」

なんかホっとしました 肩の荷が下りたというか ・・・

そして 実家を出て帰ろうとしたとき

「あっ お姉ちゃん」
「充くん~ 元気~ えっ?ここに?」
「違うよ ちょっと離れたところのマンションにいる」
「結婚は?」
「もちろんしたよ お姉ちゃんが結婚してしもてたしな^^」

私が中学生の時でした
小学5年生だった この充くんが
「お姉ちゃんをお嫁にもらう」 と言ってくれたんです。
うちの実家の近所で瓦屋さんをしておられる伊藤さんちの子
年齢は私より3つ下 39歳だと思う。

「お姉ちゃん 黙っとけよ」

「何を?」
「ええから 俺を見ても黙ってたらええねん 覚えておきや」
「何を~~^^ 全然意味がわからへん ・・・」

俺を見ても黙っとけ ・・・ さっぱりわかりません。

とりあえず お店に戻って 主人にも報告しました
主人も ちょっとホっとしたな 良かったヨカッタと ・・・

そしてまた 定休日の日に ・・・
もう~ しつこいんですけど ・・・

梅原
「今日は私たちのパートナーにも来てもらいました」

梅原さん夫婦でも躊躇してるのに

全く知らない人なんて 無理に決まってるやん ・・・

あっ ・・・
みつる君 ・・・

梅原
「伊藤さんご夫婦です。 充さんと 奥さんの歩美さんです
  私たちよりは弱冠お若いご夫婦なんですが
   こういった6人ならバリエーションも増えて
    楽しめるんじゃないかな どうですか有紗ちゃん」

主人
「ルールとかあるんでしょうか?」

梅原
「特にないですが 抜き打ち御法度 これくらいかな」

主人
「それは ・・・」

慶子ちゃん
「みんなで楽しもうっていうことですから
  勝手な行動を取らないように ・・・ それだけです」

主人
「はあ~ どこかにみんなで行って
  別々の部屋で ・・・
   それ以外のコンタクトを禁止するって意味ですか?」

梅原
「まあ そういうことです」

梅原
「健さんが慶子と 有紗ちゃんが伊藤さんのご主人と
   私が伊藤さんの奥さんと これで どうでしょうか?」

主人
「はいっ それでいいです」

「ちょっと~~ あなた~~」

主人
「有紗 ・・・ お母さんも良くなりそうやし 毎日忙しく
  働いてるし ここらで休憩も入れて 楽しもうや」

こらっ 仮面を取れよ 
あなた 有紗大好きっ子ちゃんじゃないでしょ? ホントに もう~

梅原
「健さん 定休日 1日余分に取れませんか?
  そうすれば 近場の温泉旅館にも行けるしね」

主人
「いいですね~ 取りましょう~ 行きましょう~」

充くんの「黙っとけよ」 これだったのね ・・・
ということは 私は充くんと ・・・?
子供のいない夫婦って最近、多いのかな~

旅行といっても小旅行ですが
電車で2時間ほどの海沿いの温泉地へ行くことになりました。

そして 当日 ・・・

梅原
「もう着きましたのでここからはペアでフリータイムです
   食事の時間にだけは戻って来てくださいね」

主人
「は~~い^^」

もう主人はウキウキです。
あの様子だと 前から慶子ちゃんが好きだったみたいですね ・・・

みつる
「土産物屋 くるっとまわろかお姉ちゃん」

「お姉ちゃんって(笑) なんか雰囲気出ないわね~^^」

「ベッドの上では狂わしたるでぇ」

「ちょっと ・・・ 怖いこと言わないでよ
  それに主人の前ではお姉ちゃん禁止よ」

「おっけ~」

充くんの言うとおり お土産物屋さんをくるっとまわって
砂浜のあるところへ来ました ・・・

みつる
「おもろいで 夫婦交換 多分 有紗ちゃん ハマるで」

「そうかな~」

みつる
「あれ 見ても ハマらんって言えるか?」

「どれ~?」

充くんが指差した方向に見えたのは
うちの主人と慶子ちゃんでした 砂浜におりる手前の5mほどの高い壁
その真下の周りから見えにくい死角になっているところで
慶子ちゃんの浴衣を上半身脱がせておっぱいを吸ったり キスをしたり

「あれはルール違反じゃないの?」

みつる
「そんなに堅いルールってないよ
  統制が取れるように梅原さんが言うてるだけで
     セックスの相性が良かったら後日会ってる人もいるし」

主人はあれがしたかったに違いない
慶子ちゃん 美人で胸も大きいし ・・・

でも 慶子ちゃん ・・・

うちの主人 そんなに上手くないと思うよ^^

みつる
「夕食前の5時ジャストにカップル風呂
   予約しておいたし それまでに戻ろうな」

「はあ??何それ??」

「知ってるくせに~ 一緒に入るぞ 有紗」

「呼び捨てにするな^^」

「これって 公認でも浮気には違いないわよね ・・・」

みつる
「浮気ねぇ~ 有紗は頭が硬いな~
   浮気なんて サイレント・マジョリティやで」

「何それ ・・・」

みつる
「浮気願望を持ってる人は多いよ
   でも それを簡単に口には出せへん ってことよ」

「充くんとこは?」

みつる
「子供が出来ひんかったしな
  人生を楽しもうとしてたら 知らんまにこっちのほうへ
    でも、うちの奥さんは結構好きものやし
       上手い下手関係なく 色んな人とやりたいみたい」

「へぇ~ すごいね ・・・
  充くんって 慶子ちゃんとも ・・・」

みつる
「うん 何度か ・・・ でも うちの奥さんと似てるよ慶子さんも
   色んな男性を試したいって感じ 感度いいことないし俺は好きじゃない
     俺は有紗としたい 次のパートナーの名前聞いて飛んで来たのに^^」

「そうなの ・・・ だから見ても黙っておけと ・・・」

みつる
「5時前やな 旅館戻ろうか」

「うん ・・・」 

脱衣場で ・・・
充くんはさっさと脱いで入りました
私は恥ずかしいのでとりあえずタオルを巻いて

丸い樽で出来た浴槽で景色はオーシャンビュー
充くんを意識してなかったらもっと楽しめるのに ・・・

みつる
「有紗 グルグル巻きやな^^ バスタオルを濡らすつもりか?」

「えっ ・・・ 取るけど ・・・」

すると浴槽に浸かっていた充くんにタオルを下から
おもいっきり引っ張られて ・・・

「きゃっ!」

みつる
「ううわ~ 見えた ・・・ 有紗の乳 隠すなよ~」

「あんまり見んといて ・・・」

みつる
「手で隠しても乳房がこぼれてるやん
  どんだけごっつい乳しとんねん 有紗~ すごいな~」

「そお~? 慶子ちゃんも大きいでしょ ・・・」

みつる
「いや 慶子さんより大きいし 形もええわ
  昔、俺のオカンが銭湯で見たんやろうな~
   この辺では有紗ちゃんが一番ええ乳してるって言うてたん思い出した」

「へえ~ そうなの~」

みつる
「もうちょっとこっち来て
  一緒に広大な海を見ながらゆっくりあったまろうや」

「うん すごい綺麗だよね」

小さい頃から良く知っている年下の男の子と
大人になってからこんなカタチでお風呂に一緒に入るとは ・・・
それに充くん パっと見た感じでも分かるほどイイ体してるし
毎日、瓦を運んで汗を流して仕事をしているって感じ ・・・

「ちょっと ・・・ 充くん ・・・」

みつる
「有紗 ・・・ もう始まってるんやで 着いた瞬間から 」

私のアゴに手を添えて ・・・ 軽くキスを ・・・

「まだ 恥ずかしいから ・・・」

みつる
「これ見ても まだ恥ずかしいとか 言うかぁー」

「あっ! いやん~ 充くん ・・・」

浴槽の中でジャブーンと音を立てて立ち上がった充くん
私の顔の前で天にやや湾曲に反り勃ったペニスを魅せつけて

みつる
「こいつが有紗の相手をするんやで
  恥ずかしがらんと ちゃんと見て 触ってみいな」

私の手を自分のペニスへ ・・・

触らなくっても見ただけで分かる
これが大人の男のペニスだとしたら
この20年近く見てきた主人のモノは子供のペニス??

「すごい 大きいね ・・・」

みつる
「こんなん ま〇こに入れたら もう旦那なんか
  アホらしいて 出来んようになるで 有紗」

うん ・・・
そういうことも予知していたから反対だったし
このペニスに飽き足らず他の男性ともしたいって
充くんの奥さんと慶子ちゃんに脱帽だわ ・・・

みつる
「有紗 咥えてみいな もっと大きさが分かるし」

充くんに手を引かれ 浴槽の縁に腰掛ける充くんの
股間に顔を近づけると そのまま頭を押さえられて 
ソレを咥えました ・・・

大きさもそうだけど 固さが主人と全く違う
ペニスってこんなに硬直するものなの ・・・

「上手くないでしょ ・・・?」

みつる
「いや 有紗が俺のチ〇ポを咥えてるのを見てるだけで
   すごい興奮するし 高揚してくるし 気持ちいいよ
     有紗も まさか俺のチ〇ポを咥えるとは夢のようやろ」

「フフ ・・・ ホント それ考えると笑っちゃう^^」

みつる
「笑ってられるのも今のうち
  こうやって乳首をキュルキュルされたら 堪らんようになるで」

「あっあん~~」

みつる
「ここで入れてから 夕食に行くし
  ベロベロに濡らしてくれよ 有紗」

てっきり部屋に行ってからだと思っていたのに
こんなサプライズがあるなんて ・・・ ドキドキが止まりません

みつる
「有紗が今度は縁に座って 片足も縁にかけて ・・・ そう
  まんこ 見えるようにして ・・・ ほら 触りながら
     おっぱいも吸って ・・・ キスも ・・・」

「あん~ 恥ずかしい ・・・」

みつる
「そうや~ 恥ずかしい格好やな~ 有紗
  ま〇こ 丸見えやんけぇ~ もう~ヌルヌルしてるし ・・・」

キスして舌まで絡めて
両方の乳首 チュルチュル吸われて 転がされて
おま〇こをやさしく愛撫してくれています。そして クリも ・・・

みつる
「見てみい~ 有紗のま〇このつゆ 容赦ない出かたしとんで~
   溜まってたんとちゃうけぇ 有紗 もう入れるぞ~ 
      縁に手ついて こっちにケツ向けろやっ」

「あっん~」

みつる
「有紗のま〇こに入るで~」

ああああっ! 凄いっ!
充くんのペニス 大き過ぎるぅぅぅ~~~~

みつる
「有紗 痛くないか ・・・」

「大丈夫 ・・・ 大きくてビックリしただけ ・・・」

みつる
「夜はいっぱい可愛がってやるしな 有紗
  風呂の時間も決まってるし ここではちょっとだけな」

「うん ・・・」

夫婦交換 ・・・
いい相手に当たってしまったら
とんでもないことになりそうな予感 ・・・

カップル露天風呂での充くんの射精はおあずけ
タイムリミットが来たので夕食を頂く大広間へ ・・・

梅原
「ああ~ 最後のペアが来たようで」

あとの4人はもう来ていて
主人なんか ずっと慶子ちゃんとデレデレ
もうどこかで1回くらい終ってるのかしら ・・・
そんなこと気にしてる私も充くんの特大ペニスを味わってしまったけど

梅原
「1箇所に3組の布団を敷いてもいいし
   それぞれ3部屋に別れてもいいし みなさんどうします?」

主人
「それも おもしろそうですね~」

嫌っ ・・・ 絶対に嫌 人に見られるなんて ・・・

慶子ちゃん
「有紗ちゃんとか初めてだし 今回は別のほうがいいのでは?」

慶子ちゃん ナイスフォロー そのほうがいい
今の私の本音を言えば
早くご飯を食べて 充くんと2人きりになりたい それだけ

梅原
「じゃあ 明日の9時にフロントへ集合ってことで
   みなさん 別々で夜を過ごすとしましょうか」

やったぁー ・・・ 朝まで充くんと一緒だ

夕食のあと 少しの時間みんなでお話しをしたあと
男女に別れて大浴場に入り それぞれの部屋に行きました。

部屋に行くと もう充くん 布団の中にいて ・・・

みつる
「待ってたぞ 有紗 こっち来いや」

「うん ・・・」

布団をめくると 充くん もう スッポンポンでした ・・・

みつる
「こんな邪魔なもん脱いで ・・・ おっぱい吸わせてくれや」

「ああん~ 充くん ・・・」

浴衣がはだけて 顔を出した私のおっぱいに
充くん しゃぶりついて ・・・ 一気に脱がされて
裸で抱き合う悦びを味わせてくれました。充くん あったかい ・・・

みつる
「有紗 どこが弱いの?」

「ええっ~ 全部 ・・・」

みつる
「よっしゃ たんまり 舐めたくってやるわな」

「ああん~」

お尻を舐めてたかと思うと いきなりおま〇こに ・・・
さっきも見たけど 充くんの長い舌で もう ベロベロに舐められて

「あっああん~ 充くん ・・・ 気持ちいい ・・・」

みつる
「チ〇ポ咥えとなったら いつでも しゃぶりついてや」

うん、言われなくても もう咥えたくて 堪らないのぉ ・・・
そして 早く入れて欲しいの ・・・
もう~ 幸せです こんな大きいペニスを口に入れて 
一生、主人だけで終わるものと思っていたから

「ああん~ クリ そんな吸ったら いやん~~」

みつる
「これ 好きなん?」

「うん~ 大好き ・・・ もっと吸ってぇ ・・・」

主人もおま〇こやクリは舐めてくれるけど
こんな ・・・ 舐め方 ・・・
充くんの舌は私のおま〇ことクリに纏わり付いて 
気持ち良過ぎる ・・・

みつる
「思った通りや 有紗は抜群の感度してんな~」

「そお~ じゃあ もう入れて ・・・ クリで逝っちゃうから ・・・」

みつる
「遠慮せんと クリで逝き~な~」

「いやん~ おま〇こで逝きたいのぉ~」

あっはん~ だめぇ~ そんなに吸い付いたら
おま〇こで逝きたいのに ・・・

「ああん~~だめっ 気持ちいい~~~~
  充くん 逝っちゃうよぉ~ ねえ~~ 
    だめ~~~ 逝くっ ああっ 逝くっ~~~~~~」

みつる
「我慢せんと なんぼでも逝きいな 有紗 ・・・
   よっしゃ 入れるで ・・・ 入ること見とけよ 有紗 ・・・」

あああっ また入って来る あの特大のペニスが ・・・

「あっはあん~~ 入ったぁぁぁ ・・・ 充くん ・・・ いやぁん~~~」

あああん~ だっめぇ~ 気持ち良過ぎる~
何も動かしてないのに 入っただけで 鳥肌が立っちゃうぅぅぅ~~

みつる
「どこ突いて欲しいのか 言えよ 有紗」

「いやん~~ 動かしちゃだめぇ~~ 頭がしびれるのぉ~~」

あああっ 気持ち良過ぎて もう~だめ ・・・
こんなペニスを味わったら ・・・ 主人なんかと出来なくなるぅ~
活きてるぅ ・・・ 充くんの特大ペニス ウゴウゴと活きてるぅ~~
私のおまんこの中で暴れてるぅ~~

みつる
「足をくうっと~ 持ち上げてみいな もっと奥まで
   コンコンっと 突いたるさかいっ!」

「あああっ だめ 充くん ・・・ 気持ち良過ぎて 死にそう ・・・」

みつる
「まだ 死なさへんでぇ~ 始まったばかりやないけぇ~」

「ホント ・・・ 充くん ・・・ そこぉ そこ突かれたら もう死ぬ ・・・」

みつる
「ここかっあ!」

「はあっんん~ だめっ! 気持ちいいっ~~~~~~~~!」

みつる
「有紗 旦那と俺とどっちがええねんっ?!」

「ああん~ いいっ~ 充くんに決まってるぅぅぅ
  もっと突いてぇ~~ そこぉ もっと突いてぇぇぇ~~~~!」

みつる
「ここかぁっ~~~ 有紗っ~~~~~!」

「はぁん~ もうだめっ 気持ちいい 死んじゃう
   はぁああ~~~ 充くん 大好き 乳首噛んでぇ~
      ああ 逝くっ だめっ ああっ 逝くぅぅぅぅぅ~~~~~~!!」

部屋に戻って 40分もしないうちに
もう2回も逝かされてしまいました。 充くん 最高です ・・・
あんな大きいペニスを持って 愛撫も的を得ていて気持ち良過ぎました。
12時に1度 温泉に行って休憩をとって
それでも 朝までに3ラウンド 私は5回も逝かされて
もう ヘトヘトです。 でも 朝の集合前に
また2人 燃え上がっちゃって 服も着て用意していたのに
お互い、下半身だけ露出してバックのみで1ラウンドやりました ・・・

家に帰って 主人に「どうやった?」 と 聞かれ
「まあまあかな ・・・」 と 答えておきました。
そして 今、実家の母の見舞いに行くときは
充くんと前もって連絡をとって ホテルに行って愛してもらっています。

浮気願望がサイレント・マジョリティであって
実際、実行に移せる人は少ないと思います。
ただ ・・・ 私のように どこでいつ どんな機会が巡ってくるか
分かりません。次に声が掛かるのはどこのご夫婦なんでしょうか ・・・

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX